工法にあった断熱材を

皆さんは住宅を考える上で必ず一回は耳にした事があると思いますが、「高気密高断熱の家」色々な企業さんがうたっていると思います。気密性と断熱性が良いので、夏は涼しく、冬は暖かいと思われているかもしれません。

確かに高気密高断熱の家は良いものですが、2点ほど注意していただきたい事があります。

1点目は、建てる地域によって必要かそうではないかを判断しましょう。

基本高気密高断熱の家は寒冷地だからこそ、その実力を発揮します。比較的暖かい地域でも高気密高断熱の家をうたっている業者さんが多いですが、いざ建ててみると意外と普通の家と大差ないと思われている方が多いのではないでしょうか。

2点目は、「気流止め」がされているかどうかです。一般の方は気流止めという言葉を耳にする事はほとんど無いと思いますが、実は断熱材よりも必要かもしれません。勿論、工法自体があえて壁の中に気流を発生させて断熱材も透湿性のあるものを使い、外側のパネル材も壁の内部の湿気を吸収して家の外に出してくれるものを使っていれば問題ありませんが、高気密高断熱の家で「気流止め」をしていなければ内部結露が発生する可能性があります。高気密高断熱の家は一旦壁の内部に湿気が入ると外に出す機能を持ち合わせていないからです。

どうしても寒い、暑いを気にしがちですが壁の内部にも気を付けて下さい。

断熱材を考えるときは少なくても以上2点を気にして、無駄に高い断熱材を検討するのではなく、ロックウールなど比較的安いもので厚みをもたせてやれば寒冷地ではない限りいけると思います。

そうしてお金をかけるべき所がどこなのかをしっかりと判断し、本当に良い家を建てて下さい。